• 印刷する

ヤマハ発が初のBS6適合車、今月発売

BS6適合車「FZ-SFI」(IYM提供)

BS6適合車「FZ-SFI」(IYM提供)

ヤマハ発動機のインド現地法人インディア・ヤマハ・モーター(IYM)は9日、来年4月に導入される新たな排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」に対応した同社初のモーターサイクル「FZ―FI」と上級モデルの「FZ―SFI」を発売すると発表した。デリーでの店頭価格は、FZ―FIが9万9,200ルピー(約15万2,000円)。FZ―SFIは10万1,200ルピーから。

どちらも排気量149ccの空冷エンジンを搭載する。最大出力は9.1キロワット(kW)、最大トルクは13.6ニュートンメートル(N・m)。アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)を標準装備している。

ヤマハ・モーター・インディア・グループの設楽元文会長は声明で、「今月からヤマハの販売店で購入可能になる」と述べた。

IYMは今年1月にABSを採用したFZ―FIとFZ―SFIの新モデルを発表していた。

インド二輪市場では、ホンダのインド二輪車法人ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)が9月にBS6対応のスクーター「アクティバ125」を投入した。最大手ヒーロー・モトコープは、BS6に対応したモーターサイクル「スプレンダー・iスマート」を今月7日に発表。間もなく販売を開始する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのような多文化・…(11/20)

鉄鋼業界、2Qは販売低迷 大手4社が2桁減収(11/20)

羽田―デリー便、JALが来年3月に就航(11/20)

ASUS、インドで年内に200店体制へ(11/20)

10月の国内線旅客数、4.0%増の1232万人(11/20)

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(11/20)

道路通行料支払い、来月から電子タグ義務化(11/20)

鉄道の安全強化事業で訪日研修=JICA(11/20)

IL&FSの道路資産2件、外国企業が取得へ(11/20)

自動車販売店、10月の小売り総数は4%増(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン