• 印刷する

ヤマハ発が初のBS6適合車、今月発売

BS6適合車「FZ-SFI」(IYM提供)

BS6適合車「FZ-SFI」(IYM提供)

ヤマハ発動機のインド現地法人インディア・ヤマハ・モーター(IYM)は9日、来年4月に導入される新たな排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」に対応した同社初のモーターサイクル「FZ―FI」と上級モデルの「FZ―SFI」を発売すると発表した。デリーでの店頭価格は、FZ―FIが9万9,200ルピー(約15万2,000円)。FZ―SFIは10万1,200ルピーから。

どちらも排気量149ccの空冷エンジンを搭載する。最大出力は9.1キロワット(kW)、最大トルクは13.6ニュートンメートル(N・m)。アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)を標準装備している。

ヤマハ・モーター・インディア・グループの設楽元文会長は声明で、「今月からヤマハの販売店で購入可能になる」と述べた。

IYMは今年1月にABSを採用したFZ―FIとFZ―SFIの新モデルを発表していた。

インド二輪市場では、ホンダのインド二輪車法人ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)が9月にBS6対応のスクーター「アクティバ125」を投入した。最大手ヒーロー・モトコープは、BS6に対応したモーターサイクル「スプレンダー・iスマート」を今月7日に発表。間もなく販売を開始する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドで失業問題が深刻…(07/08)

国境問題、先行きは中国次第 チノイ前駐日大使に聞く両国関係(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

印中衝突で経済に影、日系の材料輸入支障も(07/08)

スポーツ用品各社、中国以外での生産検討(07/08)

中国企業、アプリ禁止で逸失収入1億米ドル(07/08)

LGスマホ、過去2カ月で販売台数10倍に(07/08)

HPのインド第2工場、8月稼働へ(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン