• 印刷する

テイクオフ:家探しが始まった。予算…

家探しが始まった。予算と会社から近場という条件で不動産サイトとにらめっこの日々だ。クアラルンプールは住宅の供給過剰が問題となっており、借り手市場ともいわれる。が、大家さんは契約更新に当たって思い切って値上げしてきたために退去を決めた。

大家さんの言い分は、家具付きが一般的だがソファがなかったため、2年前の契約では「おまけ」したという。次はソファを入れて相場に戻すとのこと。ソファ代だけで年間6,000リンギ(約16万円)の値上げ。今年の物価上昇率は1%未満と低水準になる見通しで納得がいかない。

ただ、入居時が自分の誕生日と重なり、おまけを提案してくれた大家さん。憎めないのも事実だ。くしくも、新たな候補物件が家具なしだと年間6,000リンギ下げるという。ベッドと食卓で1,500リンギと見積もり、またもソファに縁のない生活をのむか。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「これまで小切手を受け…(11/20)

国家自動車政策で官学提携 次世代技術に照準、MARii(11/20)

「マレーシアストリート」開設、東京五輪で(11/20)

長野・池田町長が日本酒の紹介イベント(11/20)

RM1=26.2円、$1=4.16RM(19日)(11/20)

香港人の物件購入、向こう6カ月で1万軒も(11/20)

ペナン州政府、工業用地の借地権延長に配慮(11/20)

SME銀、ECRL受注中小企業に融資枠(11/20)

米航空局の評価引き下げ、委員会設置で対応(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン