現金決済の上限2.5万リンギに 来年から計画、実業界は反対

マレーシア中央銀行は、来年から現金決済の上限を2万5,000リンギ(約66万円)に制限する計画だ。企業・個人間での現金取引に上限を設けることで、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与などの違法な金融取引を抑止し、金融市場の健全性を高める。銀行を経由する取引は規制…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:山手線・京浜東北線の新…(11/19)

与党敗北、華人離れが影響か 下院補選、教育政策に不満の声も(11/19)

出光興産、ジョ州でSPS樹脂生産へ(11/19)

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参入(11/19)

ベルジャヤが沖縄うるま市でホテル開業(11/19)

RM1=26.2円、$1=4.15RM(18日)(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

パーム油輸出でUAE、中国企業と提携(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

南科、マレーシアに医療設備の販売拠点(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン