• 印刷する

テイクオフ:毎日経済新聞の書評欄で…

毎日経済新聞の書評欄で、久住昌之さんの酒と食に関するエッセイ「ひとり飲み飯 肴かな」が取り上げられた。久住さんは、日本のテレビドラマ「孤独のグルメ」の原作者として韓国でも知名度が高い。

韓国では「ホンスル」が大流行している。「ホン」は韓国語の「ホンジャ(1人)」を省略したもので、「スル」は酒。つまり「1人でお酒飲むこと」という意味で、韓国版「お一人様」文化だ。

久住さんのエッセイには、韓国人が「ホンスル」を楽しむヒントが満載されている。例えば書評には「カツオには日本酒、トンカツにはビール、かまぼこにはカップ酒がぴったり」というエッセイの一部などが紹介されている。

日本製品や日本への旅行のボイコット運動が続く韓国では、和風の居酒屋も空席が目立つ。久住さんのエッセイを機に日本食ブームの復活を祈りたい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の中学と高校ではき…(04/09)

広がる資産・事業売却の大波 業況悪化、あらゆる分野に拡大(04/09)

航空業界の構造改革加速、初の整理解雇も(04/09)

新規感染53人、累計1万384人(04/09)

ソウル市、ナイトクラブなどに営業停止命令(04/09)

遠伝電信、韓国KTと5G提携(04/09)

韓国がノービザでの入国禁止へ、88カ国対象(04/09)

日本の緊急宣言、各国は懐疑的(04/09)

文政権、輸出企業への支援に3.2兆円(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン