• 印刷する

テイクオフ:2022年のサッカーW…

2022年のサッカーW杯カタール大会の出場権をかけたアジア2次予選で、19日に「日韓戦」が幕を開ける。舞台はベトナムで開催される同国とタイの一戦だ。

日本と韓国の試合じゃないのになぜ日韓戦か。それは、今回が直接対決ではなく両国出身監督による戦いのためだ。韓国人の朴ハンソ氏が監督を務めるベトナム代表に、西野明監督率いるタイ代表が挑む。両国の現予選3節までの戦績はともに2勝1分けで、組のトップ争いを繰り広げている。韓国メディアもこの戦いを「日韓のプライドをかけた試合になる」と注目する。

朴監督の下で力をつけアジアカップでも好成績を収めたベトナムと、直前の試合で強豪・アラブ首長国連邦(UAE)を撃破したタイ。19日には日本代表も試合があるが、その裏ではもう1つ、日韓両国にとって絶対に負けられない戦いが繰り広げられる。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国企業で働いていた頃…(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

現代自、10月の販売台数7737台で首位(11/13)

失業給付金の支給額、過去最高を記録(11/13)

20年の経済見通し、大手が「冬の時代来る」(11/13)

成長滞る中堅企業、規制強化も一因(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

現代自、ロードノイズを音波で低減へ(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン