泓格のバイオ工場が稼働、来年1Qにも量産

産業用コンピューターの周辺設備や医療器具向け材料を手掛ける台湾の泓格科技(ICP・DAS)は、新竹県湖口郷の新竹工業区でバイオ医療器具材料の新工場を稼働した。医療用熱可塑性ポリウレタン(TPU)を生産する。2020年第1四半期(1~3月)にも量産に入る。工商時報な…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

工作機械メーカーの3割が倒産の恐れ、上銀(08/14)

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(08/14)

TSMC取得の力特工場、ソニー向けか(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

ASUS、20年ノートPC出荷量は1割増へ(08/14)

仁宝、3QのPC部品不足が深刻化(08/14)

宇瞻、下半期のメモリー供給過多を予想(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン