【台湾法律講座】銀行法「違法吸金罪」の紹介

台湾では金融業は政府が厳格に規制している業種であり、革新的技術を有するベンチャー企業が主務官庁の許可を取得せずに金融業に関係する可能性がある業務を推進し、または資金調達を行った場合、刑事責任を構成するリスクがあります。そのうち銀行法の「違法吸金罪」(訳注:日本…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

星耀能源、屏東県で太陽光発電所を着工(19:02)

テイクオフ:台北で酷暑が続く中、最…(08/10)

7月輸出が5カ月ぶりプラス 前年比0.4%増に、IT好調継続(08/10)

経済部とシスコ、5Gオープン化で提携(08/10)

鴻海、中国・昆山工場で5G部品生産(08/10)

聯発科とインテル、5G対応PC開発で提携(08/10)

国巨の7月売上高2倍に、米同業の買収効果(08/10)

中美晶が宏捷科の増資引き受け、筆頭株主に(08/10)

大哥大と台塑汽車、自動運転商用車を公開(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン