• 印刷する

タイ・ミャンマー第2友好橋が供用開始

タイ北西部ターク県メソトとミャンマー東部カイン州(旧カレン州)ミャワディを結ぶ「タイ・ミャンマー第2友好橋」が、10月31日から供用を開始した。

NNAが友好橋の出口をミャンマー側で現地時間午後3時、タイ側で同5時ごろに訪れたところ、トラックの運行が確認できた。ミャンマー側の国境管理当局職員、タイ側の警察職員も「31日から通行を開始した」と語った。初日ということで、通行車両の台数は少なかった。

第2友好橋の開通式は2019年3月に実施されたが、税関業務の調整などにより正式な開通が遅れていた。両国は10月30日に改めて式典を開催し、開通を宣言した。

ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西回廊」の要衝となる同橋の開通により、メソト・ミャワディ国境の貿易額は約3割増えると期待される。

ミャンマー側出口付近の第2友好橋。トラックが列をなしている=10月31日、カイン州ミャワディ(NNA)

ミャンマー側出口付近の第2友好橋。トラックが列をなしている=10月31日、カイン州ミャワディ(NNA)


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

日・ミャンマーの若手音楽家が演奏会(18:29)

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

20年のチャット為替相場は安定推移=専門家(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

ゴマ価格上昇で農家は収入増、ザガイン管区(12/16)

ヤンゴン、市内の公園に飲食店設置を計画(12/16)

ヤンゴン、タイムズモールに富裕層映画館(12/16)

ヤンゴンのチミダイン魚市場、移転の方針(12/16)

ラカインでNLD幹部誘拐、AAが犯行声明(12/16)

駐日ミャンマー大使が信任状提出(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン