• 印刷する

タイ・ミャンマー第2友好橋が供用開始

タイ北西部ターク県メソトとミャンマー東部カイン州(旧カレン州)ミャワディを結ぶ「タイ・ミャンマー第2友好橋」が、10月31日から供用を開始した。

NNAが友好橋の出口をミャンマー側で現地時間午後3時、タイ側で同5時ごろに訪れたところ、トラックの運行が確認できた。ミャンマー側の国境管理当局職員、タイ側の警察職員も「31日から通行を開始した」と語った。初日ということで、通行車両の台数は少なかった。

第2友好橋の開通式は2019年3月に実施されたが、税関業務の調整などにより正式な開通が遅れていた。両国は10月30日に改めて式典を開催し、開通を宣言した。

ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西回廊」の要衝となる同橋の開通により、メソト・ミャワディ国境の貿易額は約3割増えると期待される。

ミャンマー側出口付近の第2友好橋。トラックが列をなしている=10月31日、カイン州ミャワディ(NNA)

ミャンマー側出口付近の第2友好橋。トラックが列をなしている=10月31日、カイン州ミャワディ(NNA)


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新たに2人感染確認、累計359人に=7日朝(13:20)

チャット高が再び進行 対ドル1350台に、輸出に悪影響も(08/07)

非公開所得の税率引き上げ反対、議会が対案(08/07)

第2波到来への懸念高まる、規制緩和で(08/07)

新たに1人感染確認、累計357人に=6日朝(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

ヤンゴンバス電子決済、新たに600台で導入(08/07)

軍系野党党首、ネピドーで下院選に立候補(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン