• 印刷する

東南アジアのデジタル金融、25年に600億ドル

東南アジアのデジタル金融サービスが2025年までに最大600億米ドル(約6兆5,200億円)規模に拡大する可能性があるとの見通しが、シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスらの報告書で明らかになった。中小企業向けサービスの拡充が後押しするとみている。

テマセクが、米コンサルタント会社ベイン・アンド・カンパニー、グーグルと共同でまとめたリポートによると、東南アジアのデジタル金融サービスの18年の年間総収入は110億米ドル。25年までに少なくとも380億米ドルに拡大する。うち半分を融資事業が占める。

さらに中小企業の需要を取り込めば、域内の金融サービス業界の総収入の17%に相当する最大600億米ドルまで膨らむ見込みだ。

東南アジアの6,400万社に上る中小企業の8割が融資を必要としているという。ただ金利の高さ、面倒な手続きなどを背景に大手の金融機関と取引できない状況にある。デジタル金融サービスは、こうした課題の解決に寄与するとみている。


関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

企業トップ景況感、自国経済は比較的楽観視(13:06)

スマート都市ランク、2年連続で世界首位(13:06)

米VC、現地拠点を東南アジア統括に格上げ(13:07)

建物管理の技術革新拠点、米社が開設(13:06)

英国渡航時の自主隔離免除、19日から(13:06)

新規感染11人、2日連続10人台(18日)(13:06)

8月輸出、3カ月連続プラス 中国・欧州の都市封鎖解除などで(09/18)

就労ビザ最低月給額、6500Sドルの国も(09/18)

京都機械工具、地場RFIDタグ企業と提携(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン