• 印刷する

《知財》東レ、浙江企業を特許侵害で提訴

東レは10月30日、フィルムメーカーの寧波長陽科技(浙江省寧波市)に対し、液晶ディスプレー(LCD)バックライトの材料として用いられる反射板用ポリエステルフィルム技術の特許を侵害されたとして、フィルムの中国における製造販売差し止めと損害賠償を求めて深セン市中級人民法院(地裁に相当)へ25日に提訴したと発表した。

東レによると、侵害されたのは同社が中国で保有する反射板用白フィルム「ルミラー」に関わる特許。

東レは17年5月と8月にもポリエステルフィルムの特許侵害で長陽科技を提訴している。


関連国・地域: 中国-浙江日本
関連業種: 電機化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(07:46)

新型肺炎の死者25人に、湖北以外でも(10:36)

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

武漢で邦人が重い肺炎=日本大使館(01/24)

新型肺炎で当局は行政指導、日本は警戒上げ(01/24)

企業に出張自粛広がる、新型肺炎(01/24)

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン