• 印刷する

《知財》東レ、浙江企業を特許侵害で提訴

東レは10月30日、フィルムメーカーの寧波長陽科技(浙江省寧波市)に対し、液晶ディスプレー(LCD)バックライトの材料として用いられる反射板用ポリエステルフィルム技術の特許を侵害されたとして、フィルムの中国における製造販売差し止めと損害賠償を求めて深セン市中級人民法院(地裁に相当)へ25日に提訴したと発表した。

東レによると、侵害されたのは同社が中国で保有する反射板用白フィルム「ルミラー」に関わる特許。

東レは17年5月と8月にもポリエステルフィルムの特許侵害で長陽科技を提訴している。


関連国・地域: 中国-浙江日本
関連業種: 電機化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:景気減速の逆風も何のそ…(11/13)

空港数、過去10年で1.5倍 238カ所に増加、利用者は3倍に(11/13)

「双十一」当日の取引額、アリババは4兆円(11/13)

「双十一」の宅配量、5億件超で記録更新(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

習氏「相互利益の成功例」、買収の港湾視察(11/13)

順天医薬、上海医薬に脳梗塞薬の開発権付与(11/13)

貧困地区の所得拡大、政府が強調(11/13)

小売店、電力値上げで節電対策に苦慮(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン