9月消費者物価は1.1%上昇、交通が下押し

マレーシア統計局が23日発表した2019年9月の消費者物価指数(CPI、10年=100)は121.8となり、前年同月比1.1%上昇した。主要12項目のうち比重の大きい食品や住宅・水道・電気・燃料が上昇した一方、燃油補助金政策によって価格が抑制されている交通の下落が、全体の上昇を抑え…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(12:18)

テイクオフ:お金にまつわる漢字によ…(11/14)

日系2社が賃貸物流施設着工 来年半ばまでに10区画成約へ(11/14)

クアラリンギ港拡張、5年で150億リンギ投資(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

米航空局の評価引き下げ、2年内に回復目標(11/14)

RM1=26.3円、$1=4.15RM(13日)(11/14)

ヨシムラ、業務用厨房機器NKRを買収(11/14)

プロジェクト管理研修開催、今年で10回目(11/14)

中国人の不動産購入、金額ベースで全体の12%(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン