• 印刷する

テイクオフ:西部ラジャスタン州がオ…

西部ラジャスタン州がオリーブの木の栽培で脚光を浴びている。オリーブオイルといえばイタリア産が思い浮かぶ。インドではまだなじみが薄く、主な消費者は富裕層だ。ただ、健康を気にする人たちの間で、オリーブオイルを使う需要が高まっている。

ラジャスタン州でのオリーブの木の栽培には、イスラエルの技術が用いられている。はたしてインド西部の土地でオリーブオイルを生産できるのか、州の農家と専門家が可能性を探りにイスラエルを訪問した。そこで得た知見から、州政府は官民連携(PPP)として事業を立ち上げることを決めた。ラジャスタン・オリーブ・カルティベーションという公営企業を設立し、オリーブの木の栽培を促進している。ラジャスタンはインドで最も面積の大きい州として知られるが、州が運営するオリーブのプランテーションは182ヘクタールに及ぶ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

新興投資、上期は2桁減 景気低迷とコロナの二重苦で減少(07/10)

新型コロナ、新興の7割に打撃=FICCI(07/10)

横河電機、日印ファンドへの出資で合意(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

農業インフラ投資への支援策、内閣が承認(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン