• 印刷する

「保険通」具体案発表、据置年金など対象に

香港と中国本土間の保険商品相互取引制度「保険通」の具体案がこのほどまとまった。深セン市前海エリアにサービスセンターを設け、保険商品の情報提供や販売、保険金の支払いなどを行う。車両保険や医療保険、据置年金などを扱う構想で、投資色の強い生命保険は除外した。実施に向けたスケジュールは明示していない。21日付香港経済日報などが伝えた。

中国銀行保険監督管理委員会深セン監管局が10月上旬に具体案を発表し、業界から意見の募集を開始。計画では、前海エリアに「越境保険イノベーションサービスセンター」を設け、条件を満たした仲介業者が保険商品の情報提供や販売、保険金支払いを提供する仕組みを提案した。

まずは、既に香港の保険商品を購入した本土消費者に対する保険金の支払いを仲介する。第2段階として全方位的な保険サービスを提供する。

仲介業者には専門の銀行口座の開設を義務付け、この口座を通じて顧客と保険会社間の資金のやり取りを仲介させる方針。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

70歳男性が死亡、デモ現場でレンガ直撃か(16:58)

香港の交通混乱5日目、道路と駅の封鎖続く(08:52)

景気浮揚は20年後半見通し 回復に時間必要、CLSA予想(11/15)

政府、夜間外出禁止令を否定 13日の緊急会議受け観測浮上(11/15)

4日連続のデモ、小中学校などの休校を延長(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

中環と中文大「戦場化」に懸念、経済紙社説(11/15)

13日のスト呼び掛け、900万人が足奪われる(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

香港ビジネス環境は難局続く、ゴールドマン(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン