国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ

インドネシアの国営企業4社から成る企業連合(コンソーシアム)「インドネシア・レールウエー・デベロップメント・コンソーシアム(IRDC)」が、ラオス中南部カムアン県のタケクとベトナム中部ハティン省のブンアン港を結ぶ鉄道(総延長195キロメートル)の建設事業に参画する…

関連国・地域: ベトナムラオスインドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:営業を再開したショッピ…(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

製造業PMIが過去最低水準 中央銀行、コロナ影響で需給停滞(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

航空関連産業が収益源を模索、旅客急減で(07/15)

6月の自動車販売、3カ月ぶりに1万台超(07/15)

メルセデス商用車、6月に西ジャワ工場再開(07/15)

日本政府のビザ発給数、19年は比人2位(07/15)

ADK、子会社設立でサービス基盤強化(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン