• 印刷する

テイクオフ:妻がインターネットで注…

妻がインターネットで注文した子どもの玩具が手元に届いた。アルファベットと中国語の簡単な漢字を音声で学べるデジタル壁紙だ。物珍しいのか、子どもはボタンを押して流れてくる音声に合わせて楽しそうに叫んでいる。

聞けば、東南アジアで最大規模の電子商取引(EC)サイトで注文し、約1週間で中国から送られてきたという。送料込みで値段は3Sドル(約240円)というから驚きだ。シンガポールの中華街辺りでも売っているのだろうが、おそらく10Sドルくらいはしそうだ。中国から定期的にコンテナ輸送でもしてコストを抑えているのかもしれない。いわゆる越境ECだが、便利な世の中になったものだ。

感心している脇で妻はスマートフォンで、相変わらずネットショッピングを楽しんでいる。現物を見てから購入する身にとっては理解できないが、時代の移り変わりは激しい。ついて行かなければ。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府とマイクロソフト、5G開発促進で提携(15:53)

米グーグルの決済サービス、大手2銀と連携(15:53)

前倒し総選挙、来年4月が最有力(15:38)

テイクオフ:人気アイドルグループ「…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

【CSRの今】電子廃棄物の再利用に注力 東芝、顧客の5割参加目指す(11/12)

NEC、アジアでBaaS事業を本格展開(11/12)

環境対策事業に20億米ドル投資、金融庁(11/12)

銀行振込のQRコード、全国決済規格に統合(11/12)

金融最大手DBS、1~9月期は15%増益(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン