大手悲観傾向、10年ぶり強さ 4Q景況感調査、小売業で顕著

香港政府統計処が域内の大手企業を対象に行った2019年第4四半期(10~12月)の景況感調査で、悲観的な見方が約10年ぶりの強さとなっていることが分かった。調査対象10業種のうち9業種が業務状況が悪化するとの見方を強め、中でも「逃亡犯条例」改正案を発端とする社会混乱で打撃…

関連国・地域: 香港
関連業種: その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港、18日も域内の小中学校など休校(18:49)

景気浮揚は20年後半見通し 回復に時間必要、CLSA予想(11/15)

政府、夜間外出禁止令を否定 13日の緊急会議受け観測浮上(11/15)

4日連続のデモ、小中学校などの休校を延長(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

中環と中文大「戦場化」に懸念、経済紙社説(11/15)

13日のスト呼び掛け、900万人が足奪われる(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

香港ビジネス環境は難局続く、ゴールドマン(11/15)

市中銀行、13日の混乱で250カ所の支店休業(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン