税制改革巡り見解割れる 内需企業支持、輸出型の外資反対

フィリピン財務省が進める包括的税制改革(CTRP)第2弾を巡り、国内外の商工会議所で見解が割れている。内需型の企業が多い国内団体は支持に回り、優遇措置の撤廃の影響を受ける輸出型の外資企業から成る団体は反対を維持。財務省と対立していた経済区庁(PEZA)は、反対…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

新型コロナ感染者2633人に、死者は107人(04/03)

仮設の隔離施設、12日までに3カ所完成(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

マカティ市の病院が遠隔診療、ペイマヤと提携(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン