東芝、台湾で電気機関車受注 400億円、台鉄初の日本製採用

東芝インフラシステムズは17日、台湾鉄路(台鉄)から電気機関車68両を受注したと発表した。受注額は予備品などを含め約400億円。台鉄が日本製電気機関車の完成品を調達するのは初めてとなる。2022年から26年にかけて納入していく予定だ。 東芝インフラシステムズは台鉄仕様の車…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電機その他製造運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

資金還流申請1284億元、1カ月で229億元増(20:09)

新型コロナ感染者、452人に(20:22)

テイクオフ:台東県で開催している熱…(07/16)

MRT建設が各地で加速 投資3千億元規模に、沿線開発も(07/16)

台南市が5G応用加速へ、産官提携で(07/16)

華新科がコウ暉の株式買い増し、比率26%へ(07/16)

PC製造業の19年生産額、6年連続で伸び(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン