• 印刷する

大日本住友製薬、豪医薬品企の買収案取下げ

大日本住友製薬は17日、7月に明らかにしたオーストラリアの再生医療ベンチャー、サイナータ・セラピューティクスへの買収提案を取り下げたと発表した。大日本住友製薬も、同日に声明を発表したサイナータも、M&A(合併・買収)条件に合意できなかったとした。【NNA豪州編集部】

大日本住友製薬の広報担当者は、NNA豪州に対し、提案取り下げを決めたのは10月に入ってからだと述べた。合意に至らなかった内容については回答できないとしている。

大日本住友製薬は先に、サイナータに対して総額2億200万豪ドル(約149億円)、1株当たり2豪ドルでの全株取得を、非拘束・条件付きで提案していた。

サイナータは、骨髄移植後に発症する合併症「移植片対宿主病(GvHD)」の治療に用いられる再生医療製品・医薬品などを開発している。同社は、富士フイルムから2017年に、再生医療製品の商品化を目指し、300万米ドル(現在のレート換算で約3億2,641万円)の出資を受けている。富士フイルムは、サイナータの株式約8%を保有している。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 医療・医薬品化学金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオーストラリ…(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

レンドリースが3億$超の赤字か、建設遅延で(07/03)

三菱系BMA、QLD炭鉱に自動トラック(07/03)

豪の19年EV販売、5割以上はテスラ車(07/03)

豪住宅価格2カ月連続下落、今後も需要減か(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン