• 印刷する

テイクオフ:「住宅トラブルは付きも…

「住宅トラブルは付きものだから気をつけて」。シンガポールに赴任する前に、現地在住経験のある知人から念押しされた。先日、この言葉を身に染みて感じる出来事に遭遇した。

一時帰国から戻り、自宅のシャワーの蛇口をひねると、お湯が出ない。大家に相談して、翌日に修理業者が来ることになった。しかし次の日、仕事を終えて自宅に帰ると、大家から「業者が修理道具を忘れたから、明日また来る」と言われた。「修理道具を忘れる修理屋なんているのか」とあきれたが、「予定通りの日に来ただけでも良いか」と大目にみることにした。翌日、無事に水シャワーからは脱することができた。

だが、ほっとしたのも束の間、次の日また事件が起きた。今度は突然、給湯器から発火した。同時に部屋の電気もすべて消えてしまった。翌日には復旧したものの、住宅トラブルはもうこりごりだ。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染66人、計1375人(6日)(00:50)

テイクオフ:「サーキットブレーカー…(04/07)

経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出(04/07)

内国歳入庁、納税期限など延長(04/07)

1~3月の営業停止、新型コロナで8割増(04/07)

企業の期日内支払い、3年半ぶり低水準(04/07)

空港第2ターミナル、需要減で1年半閉鎖へ(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン