• 印刷する

きらぼし銀行、コンサル現地法人を正式開所

きらぼし銀行の渡邊頭取は、中小企業を中心にベトナムでのビジネスマッチングを進めると話した=14日、ホーチミン市

きらぼし銀行の渡邊頭取は、中小企業を中心にベトナムでのビジネスマッチングを進めると話した=14日、ホーチミン市

きらぼし銀行(東京都新宿区)のベトナム現地法人キラボシ・ビジネス・コンサルティング・ベトナムがこのほど事業を開始した。同行が方針に掲げるコンサルティング事業強化の一環になる。地方銀行がホーチミン市にコンサルティング会社を設置するのは初めて。

きらぼし銀行は14日、現地法人キラボシ・ビジネス・コンサルティング・ベトナムの開所式をホーチミン市内のホテルで開催した。きらぼし銀行の渡邊壽信頭取はNNAに対し、「中小企業をメーンターゲットに、幅広いビジネスマッチングを手がけたい」と述べた。日本での同行顧客に限定することなく、幅広い企業を対象にコンサルティングサービスを提案していく。

キラボシ・ビジネス・コンサルティング・ベトナムの山下大輔社長によると、ベトナムに進出している同行の取引先企業は約150社ある。きらぼし銀行は、2009年に中国・上海にもコンサルティング会社を開設しており、ベトナムは同行2カ所目の海外コンサルティング拠点。上海で培った経験をベトナムでも生かす。また、中国の生産拠点の移管や分散を図る「チャイナプラスワン」の対象国としてもベトナムは注目されていることから、両拠点は必要に応じて連携していく。

同行はこれまで、ベトナム投資開発銀行(BIDV)に行員を派遣し、現地情報や金融サービスの紹介などを手がけてきた。コンサルティング拠点の開設で、金融以外でも幅広いサービス提供が可能になる。

事務所は1区レロイ通りのオフィスビル、サイゴン・センターに設置しており、10月1日から業務を開始している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

1~10月の自動車販売、16%増の26万台(11/12)

カイトエア設立、運輸省の審査通過へ(11/12)

釜山港湾公社、越国営と事業発掘で協力(11/12)

ベトナム航空、米2社と10億ドルの契約締結(11/12)

住宅所有の外国人、大都市中心に800人(11/12)

HCM市の洪水対策、計画の修正が必要(11/12)

韓国土地住宅公社、越中部と提携し都市開発(11/12)

米AES、商工省とCCGT発電所で覚書(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン