首都北部の新高架高速道、着工に批判強まる

インドネシアの首都ジャカルタ北部で建設が始まったアンチョール―タンジュンプリオク区間(第2ハーバー・ロード)の高架高速道事業に対し、大気汚染や交通渋滞の悪化につながると批判が強まっている。13日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 第2ハーバー・ロードは4日に着工。総…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜朝、ジャカルタのあ…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

ごみ返送、実は他国に転送か 環境団体が抗議、政府は否定(11/12)

JCB、民間最大手BCAとクレカ発行(11/12)

いすゞ、小型トラック「トラガ」を来月輸出(11/12)

産業用の特別電気料金、来年導入を計画(11/12)

首都圏LRT、商業運転開始目標は21年6月(11/12)

長距離鉄道、来年から早く買うほどお得に(11/12)

サマリンダ空港、滑走路工事で26日間閉鎖(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン