• 印刷する

東急と三菱地所のマンション、販売開始

東急ベトナム子会社のベカメックス東急と三菱地所レジデンスの合弁会社は12日、南部ビンズオン省で開発中の分譲マンション「ソラ(SORA)・ガーデンズ2」の正式販売を開始した。同日開催したイベントには約300人が訪れ、多数の申し込みがあったという。

ソラ・ガーデンズ2は、地上24階建て・総戸数557戸の分譲マンションで、最上階2層は平均150平方メートル超のペントハウス、低層階は1,700平方メートル規模の商業施設となる。今年8月に本体工事を開始しており、2021年夏ごろの竣工(しゅんこう)・引き渡しを予定する。

ペントハウス以外の住宅専有面積は53~108平方メートル、販売価格は18億ドン(7万7,000米ドル、約840万円)から。省内で初めて、全戸にスマートホーム設備・システムを導入する予定。モデルルームでは実際にスマートホームを体験でき、仮想現実(VR)を活用した物件案内も開始した。一般発売に先立ち、今年4月に実施した外国人向けの先行販売分(全住戸の30%)は、即日完売している。

ビンズオン新都市で建設中の「ソラ・ガーデンズ2」の正式販売が12日にスタートした。公開中のモデルルームは86平方メートルの2ベッドルーム(ベカメックス東急提供)

ビンズオン新都市で建設中の「ソラ・ガーデンズ2」の正式販売が12日にスタートした。公開中のモデルルームは86平方メートルの2ベッドルーム(ベカメックス東急提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

1~10月の自動車販売、16%増の26万台(11/12)

カイトエア設立、運輸省の審査通過へ(11/12)

釜山港湾公社、越国営と事業発掘で協力(11/12)

ベトナム航空、米2社と10億ドルの契約締結(11/12)

住宅所有の外国人、大都市中心に800人(11/12)

HCM市の洪水対策、計画の修正が必要(11/12)

韓国土地住宅公社、越中部と提携し都市開発(11/12)

米AES、商工省とCCGT発電所で覚書(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン