• 印刷する

手袋業界、最低賃金引き上げで価格上昇か

マレーシアゴム手袋生産者協会(MARGMA)は、来年1月からの最低賃金の改定に伴い、加盟企業が製品価格の引き上げを実施するとの見通しを示した。14日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

デニス・ロー会長は「生活費の上昇を考慮すれば最低賃金の引き上げはやむを得ないが、人件費の拡大は販売価格に反映されることになる」と説明。さらなる価格上昇を避けるため、水道や電気など公共料金の引き上げは行わないよう政府に求める考えを示した。

MARGMAは1989年に設立され、国内手袋メーカーの9割が加盟する。

マレーシアはゴム手袋の輸出国として世界首位。医療用ゴム手袋などを190カ国に出荷する。最大手のトップグローブ・コーポレーションのほか、ハルタレガ・ホールディングス、スーパーマックス・コーポレーション、コッサン・ラバー・インダストリーズなどが操業している。

政府は2020年度国家予算案に、都市部の法定最低賃金を現行の1,100リンギ(約2万8,500円)から1,200リンギに引き上げることを盛り込んだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品その他製造雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン