韓国有機EL事業に死角あり 特許訴訟、拡大の懸念高まる

韓国のサムスングループとLGグループが、積極的な投資で有機ELディスプレー事業に本腰を入れている。そんな中、他社の重要な特許を買い集めて訴訟を起こし、法外な和解金の獲得を狙う「パテントトロール(特許の怪物)」と呼ばれる「非実施主体(NPE)」に対する警戒心が高…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国企業で働いていた頃…(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

現代自、10月の販売台数7737台で首位(11/13)

失業給付金の支給額、過去最高を記録(11/13)

20年の経済見通し、大手が「冬の時代来る」(11/13)

成長滞る中堅企業、規制強化も一因(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

現代自、ロードノイズを音波で低減へ(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン