韓国有機EL事業に死角あり 特許訴訟、拡大の懸念高まる

韓国のサムスングループとLGグループが、積極的な投資で有機ELディスプレー事業に本腰を入れている。そんな中、他社の重要な特許を買い集めて訴訟を起こし、法外な和解金の獲得を狙う「パテントトロール(特許の怪物)」と呼ばれる「非実施主体(NPE)」に対する警戒心が高…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

韓国企業、バタン工業団地に工場設置を検討(08/14)

新型コロナ感染者、20日ぶり100人超(08/14)

【ウィズコロナ】ビジネスのデジタル化が前倒し トレジャーデータ、CDPに順風(08/14)

新型コロナ感染者、2日連続で50人超(08/14)

サムスン、EUVシステムLSIに3D適用(08/14)

有機ELの省電力技術、サムスンDが開発(08/14)

LGD、小米に透明有機ELパネル供給(08/14)

LG電子、超大型マイクロLED看板を公開(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン