【お知らせ】本日、日本時間19:00~20:00にシステムメンテナンスを実施いたします。
メンテナンス中、一時的にウェブサイトを利用できない場合があります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

韓国有機EL事業に死角あり 特許訴訟、拡大の懸念高まる

韓国のサムスングループとLGグループが、積極的な投資で有機ELディスプレー事業に本腰を入れている。そんな中、他社の重要な特許を買い集めて訴訟を起こし、法外な和解金の獲得を狙う「パテントトロール(特許の怪物)」と呼ばれる「非実施主体(NPE)」に対する警戒心が高…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(01/23)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(01/23)

現代商船の新社長「3Qに黒字転換可能」(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン