韓国有機EL事業に死角あり 特許訴訟、拡大の懸念高まる

韓国のサムスングループとLGグループが、積極的な投資で有機ELディスプレー事業に本腰を入れている。そんな中、他社の重要な特許を買い集めて訴訟を起こし、法外な和解金の獲得を狙う「パテントトロール(特許の怪物)」と呼ばれる「非実施主体(NPE)」に対する警戒心が高…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(04/06)

テイクオフ:「コロナウイルスで死ぬ…(04/07)

コロナ禍で航空旅客9割減 借金山積み、追加支援欠かせず(04/07)

新型コロナ感染者1万284人、死者186人に(04/07)

上場企業の純利益、19年4Q時点で93%減(04/07)

19年の半導体材料市場、台湾が首位維持(04/07)

大手上場企業の2割、社員数・賃金が縮小(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン