韓国有機EL事業に死角あり 特許訴訟、拡大の懸念高まる

韓国のサムスングループとLGグループが、積極的な投資で有機ELディスプレー事業に本腰を入れている。そんな中、他社の重要な特許を買い集めて訴訟を起こし、法外な和解金の獲得を狙う「パテントトロール(特許の怪物)」と呼ばれる「非実施主体(NPE)」に対する警戒心が高…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

韓国との経済連携協定、7月にも批准承認(06/24)

インフレで賃上げ圧力強まる サムスンやSK、賃金交渉難航へ(06/24)

新規感染者7497人、死者14人増(06/24)

サムスン、最小画素サイズのセンサー公開(06/24)

サムスン電機、内外の半導体基板工場を増強(06/24)

スターリンク、23年にも韓国でサービスか(06/24)

欧州R&D組織、韓国がアジア初の正会員に(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン