市民42%が移住検討、社会分断を懸念

香港中文大学香港亜太研究所(香港アジア太平洋研究所)が10日発表した調査結果によると、海外移住を検討している香港市民は42.3%に上った。2018年12月の前回調査から8.3ポイント拡大した。「逃亡犯条例」改正案に端を発した混乱が影響を与えたとみられる。 移住を検討している理…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ビート、ジョ州に現地法人設立(21:06)

6月のコンテナ取扱量、約2年半ぶりプラス(18:50)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(07/16)

日系企業に業績改善の兆し 4~6月調査、国安法に懸念も(07/16)

市中14人含む19人の感染確認、計1588人(07/16)

買い占め対策、スーパーの対応はまちまち(07/16)

米の香港自治法成立、中国は反発(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン