韓国製造業、中国から越へ投資移転の動き

韓国の製造業が、中国からASEAN(東南アジア諸国連合)諸国やインドへと投資先を移す動きが強まっている。とくにベトナムへの投資が急増している。8日付東亜日報が伝えた。 韓国製造業の海外投資比率を国別にみると、1992~2017年まで中国が常にトップとなっていた。しかし…

関連国・地域: 中国韓国ベトナム
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

つながる工場、自動化が壁に 第4次産業革命「不可避」も(10/15)

きらぼし銀行、コンサル現地法人を正式開所(10/15)

現代自、9月の販売台数が7681台でトップ(10/15)

サムスン電機、主基板事業をベトナムに移管(10/15)

フエ人民委、自動車組み立て施設計画を承認(10/15)

第2ミートゥアン橋本体、20年1Q着工へ(10/15)

HCM市の住宅価格が上昇、供給不足などで(10/15)

韓国デウォン、北部で工場建設受注(10/15)

東急と三菱地所のマンション、販売開始(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン