• 印刷する

香港住宅価格、最大2割下落も=S&P

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは9日発表したリポートで、「逃亡犯反条例」改正案を発端とする社会の混乱を受け、香港の住宅価格が今年6月のピークから2020年末までに最大で2割下落する可能性があるとの見通しを示した。10日付香港経済日報などが伝えた。

S&Pは、長引く抗議活動で観光や小売り、ホテル業と関係の深い不動産会社は大きな痛手を負っていると指摘。住宅価格は今年後半も下落が続き、通年では5~10%、来年は5~10%下落すると予想した。今年6月のピーク時からの累計で10~20%下がるとみている。

一方で最近の香港情勢は「不動産会社の格付けには影響を与えない」と強調、住宅価格や家賃の下落圧力への耐久力があるとの認識を示した。ただ、抗議活動が4カ月を超える中で、先行き不透明感から一部の企業の大型事業の進捗に影響が出そうだと補足した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、老朽ビル対策に百億$ 6千棟に恩恵、来年に予算承認へ(10/15)

不動産投資、東南アにシフト=香港不安で(10/15)

路面店は短期賃貸が主流に、混乱収束見通せず(10/15)

週末住宅取引、新築は1割減の27戸(10/15)

銀行業界、在宅勤務で混乱に対応(10/15)

マカオ証取設立の計画案、中央政府に提出(10/15)

3日続伸、米中合意を好感=香港株式(10/15)

政府、フィンテック発展へ人材育成強化(10/15)

日本産豚肉、一層の普及へ香港でフェア(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン