燃料補助金制度、小型車市場に追い風か

マレーシアで来年1月に導入される低所得層(全世帯の所得下位40%=B40)を対象とした新たな燃料補助金制度により、小型車の販売が加速する見通しだ。同制度は、原則的に排気量1600cc未満の自動車保有者に適用されることが背景にある。国営ベルナマ通信などが伝えた。 マレー…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「君、ドゥカティ(伊の…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

建設現場の8割弱が再開、景気刺激策が奏功(07/07)

スマートドライブが現法設立(07/07)

RM1=25.1円、$1=4.28RM(6日)(07/07)

国営電力、コロナ収束後視野に6戦略策定(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン