つながる工場、自動化が壁に 第4次産業革命「不可避」も

ベトナムの製造業で「スマート工場」をどう実現するのか――。政府と企業関係者の間で、第4次産業革命「インダストリー4.0」構想の推進に向けた協議が進められている。国際競争の中で工業を発展させるためには変革が不可避とみる向きがあるものの、自動化段階で二の足を踏む企業が…

関連国・地域: ベトナム日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(19:18)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

20年の最賃は上昇率5.5%、政令90号公布(11/20)

ANA、20年3月末からベトナム路線を再編(11/20)

ベトナムのEC配送、スピード競争に突入へ(11/20)

ビナラインズ、3社から出資完全引き揚げへ(11/20)

HCM市メトロ、開通は21年第4四半期(11/20)

家具の震興集団、ベトナムの病院を拡張(11/20)

航空会社への出資上限、外資34%まで可能に(11/20)

リコジ16、新株発行で3千億ドン調達へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン