暗い見通しで予算拡大か 開発支出維持へ税制調整も

マレーシアのマハティール政権は、米中貿易摩擦による景気低迷や前政権が残した債務の問題などで内外の経済見通しが悪いことを受け、2020年度国家予算の規模を拡大する可能性がある。債務削減を図りつつ、景気対策として公共投資や防衛費などの開発支出を本年度並みかそれ以上にす…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(22:21)

株式の取引停止条件改定、半年ぶり高値に(22:48)

ペナン空港の貨物輸出量、1~5月は10%減(22:48)

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…(07/14)

景気低迷で低価格小型車人気 国民車プロトンがシェア拡大か(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(13日)(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン