• 印刷する

日本在住の越人、介護で活用=ユアブライト

ベトナム人材紹介のユアブライト(東京都新宿区)は7日、日本が4月に創設した在留資格「特定技能」のうち、ベトナム人が介護分野の資格を取得し、就職することを支援する新プログラムを開始したと発表した。今月下旬には、日本国内における介護新資格の試験が初開催される予定で、ベトナム人材の同業界への就業が増えると見込む。

日本に滞在するベトナム人向けに、介護分野の特定技能の◇試験登録支援◇受験対策プログラム◇就職面接支援◇介護事業所就職マッチング――を提供する。同資格を得るためには、日本語の日常会話能力のみならず、「介護技能評価試験」「介護日本語評価試験」に合格する必要があり、独学での合格は困難とみている。

同社の広報担当者はNNAに対し、2020年末までに総内定者480人を目指すと明らかにした。支援事業により、同年の売上高5億円を目指す。昨年末時点で、日本に滞在するベトナム人は33万人いる。

介護新資格の試験は、これまでフィリピンで実施されており、今月には日本、インドネシア、カンボジア、ネパールで、来月にはモンゴルで初実施となる。ベトナム、中国、タイ、ミャンマーでの準備も進んでいる。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

感染者241人に、屋外でもマスク着用を徹底(04/07)

ベトラベル航空、10月就航予定を延期(04/07)

ベトナム航空、15日までダナン往復を減便(04/07)

1~3月不動産取引、過去4年で最低に(04/07)

ビナコネックス2、社名変更と増資実施へ(04/07)

BIDV、不動産競売で4兆ドン債権回収へ(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン