• 印刷する

9月末の外貨準備高、18億米ドル増加

韓国銀行(中央銀行)が4日発表した2019年9月末時点の外貨準備高は4,033億2,000万米ドル(約43兆1,000億円)と、前月末から18億4,000万米ドル増加した。韓国銀行は「外貨建て資産の運用収益などが増加したためだ」と説明した。

内訳をみると、有価証券が3,745億米ドルで全体の92.9%を占めた。前月に比べて35億2,000万米ドル増えた。預金は16億4,000万米ドル減の180億2,000万米ドル。国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)は33億6,000万米ドルと1,000万米ドル減った。IMFリザーブポジションは26億4,000万米ドルと2,000万米ドル減少した。

韓国の外貨準備高は19年8月末時点で世界9位の規模となった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国・武漢で見つかった…(01/29)

韓国の貿易赤字国、1位は5年連続で日本(01/29)

19年4Qの民間支出、6四半期連続減(01/29)

現代自、販売網の構築に5億ドルの追加投資(01/29)

潜在成長率2.5%、OECDが下方修正(01/29)

企業の8割が新卒採用、規模は縮小傾向(01/29)

LG商事がインドネシア事業の総括組織(01/29)

新型肺炎の防疫強化、政府が20億円投入(01/29)

武漢の韓国人帰国へ、30日にもチャーター機(01/29)

韓国、インフラ支援に5千万ドル融資(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン