77%が「国は正しい方向に」 世論、与党に朗報も地方に不満

ミャンマー国民の8割近くが「国は正しい方向に向かっている」と考えていることが、米国の非政府組織(NGO)、共和党国際研究所(IRI)がこのほど発表した調査結果で分かった。経済の好転などが理由。2020年に予定される総選挙を前に、政権与党、国民民主連盟(NLD)にと…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染確認なし、累計337人=16日朝(15:11)

外出の動き、平常時の9割に 規制緩和で活動が回復=グーグル(07/16)

新型コロナで中止のODA事業、再開(07/16)

ヤンゴン高架高速道、入札期限は9月1日(07/16)

世銀が345万ドル支援、太陽光発電整備で(07/16)

京セラ系、エヤワディでも太陽光グリッド(07/16)

帰国者1人の感染確認、累計337人=15日朝(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン