• 印刷する

モビリティー先進度で世界首位、政策など評価

ドイツの経営戦略コンサルティング、ローランド・ベルガーが発表したモビリティーに関する先進度ランキング「自動車ディスラプション・ラダー第6版」でシンガポールが初めて首位に立った。政策や消費者意識が評価された。

ローランド・ベルガーは世界17カ国・地域について、◇消費者意識◇法規制◇テクノロジー◇インフラ◇産業動向――の5分野・26指標を評価し、ランキングにまとめた。計1万6,000人に対し調査を行った。

シンガポールは、前回首位の中国と同率で1位となった。ただ両国とも前回の調査からスコアは低下した。

シンガポールはモビリティーに関する政策や、消費者の利用意欲、ライドシェア向けの車両台数などで評価が高かった。自律走行車に関しても相対的に高い評価となった。

ローランド・ベルガーの調査チームは、「シンガポールは一方で電気自動車(EV)への取り組みが相対的に弱い。EVを使ったカーシェアリングサービスなど、政府も取り組んでいるが、まだ改善の余地がある」と説明した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府とマイクロソフト、5G開発促進で提携(18:03)

前倒し総選挙、来年4月が最有力(18:03)

テイクオフ:人気アイドルグループ「…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

【CSRの今】電子廃棄物の再利用に注力 東芝、顧客の5割参加目指す(11/12)

NEC、アジアでBaaS事業を本格展開(11/12)

環境対策事業に20億米ドル投資、金融庁(11/12)

銀行振込のQRコード、全国決済規格に統合(11/12)

金融最大手DBS、1~9月期は15%増益(11/12)

中国フィンテックABC、国際事業本部を開設(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン