• 印刷する

ビケンテクノ、エアコン整備の地場企業買収

ビルマネジメント大手のビケンテクノ(大阪府吹田市)は、エアコンの設置工事やメンテナンスを手掛けるシンガポールのリオン・ハム・エンジニアリングを買収する。同国での事業強化を図るのが狙い。シンガポールで事業買収を行うのは今回が3件目となる。

シンガポール現地法人がリオン・ハム・エンジニアリングの全株式を取得する契約を、9月30日付で締結した。取得額は非公表。取引の完了は来年8月末を予定している。

ビケンテクノは2011年に現地法人シンガポール・ビケンを設立。工業団地の管理人業務などファシリティーマネジメント・サービスを手掛けている。

15年に日系のエアコン整備会社から事業譲渡を受けたほか、今年に入りプールのメンテナンスを手掛ける現地企業を傘下に収めた。管理人業務に加え、日本本社の本業であるメンテナンス事業をシンガポールでも強化する方針だ。メンテナンス事業では個人邸宅が主要なカバー領域で、これまでに取得した事業による相乗効果を期待している。

ビケンテクノの担当者はNNAの取材に対し、「今年に入り2社を傘下に収めた。しばらくは足元の事業基盤を整えることに注力したい」と述べた。

ビケンテクノはシンガポールのほか、ベトナムに1社、フィリピンに2社の関連会社を置いている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電機建設・不動産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:体を動かす機会を増やし…(01/27)

20年の製造業生産高7%上昇 3年ぶり高水準、電子が好調(01/27)

国内製造業、10年で5割成長必要=貿産相(01/27)

新投資公社、海外から100億ドル出資へ(01/27)

「21年に業況回復」企業の3割=事業連盟(01/27)

南洋大、全学生にインターンシップ義務付け(01/27)

シンガポール伊勢丹、商業施設の売却検討か(01/27)

デジタル監査確認サービス、DBSが開始(01/27)

有料自動運転バスの試験運用、2カ所で開始(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン