• 印刷する

保健省、医薬品120品目の値下げ勧告

フィリピン保健省は、医薬品の小売価格上限(MDRP)スキームに従い、高額医薬品120品目の値下げを勧告した。インクワイラーなどが27日伝えた。

同スキームの適用を受ける医薬品は大統領令の公布後、現行の市場価格から平均56%の値下がりが期待される。

対象には高血圧、糖尿病、心臓病、慢性肺疾患、主ながん、慢性腎疾患、乾癬(かんせん)、関節リウマチなどの医薬品が含まれる。対象は疾患の深刻度や他国での平均価格、競争制限の有無などを考慮して決定した。

保健省のドミンゴ次官は「私立病院や薬局では国際価格と比べ、ジェネリック医薬品(後発医薬品)が最大4倍、ブランド医薬品が最大22倍の価格で売られている。MDRPの適用が必要だ」と指摘した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

輸入停止で揺れるコメ農政 中銀「問題ない」、インフレ圧力も(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

証取所、自主的上場廃止の規定見直し(11/22)

不動産GGDC、クラーク複合開発で起工式(11/22)

比経済は堅調、三井住友銀とメトロバンク(11/22)

ITビーエンジ、地場エヌパックスに出資(11/22)

フェロニッケル、中国企業と年間供給契約(11/22)

縫製業振興、ファストファッション以外で(11/22)

租税特赦制度8カ月、12億ペソ徴税(11/22)

全国送電社、今後10年で4630億ペソ投資(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン