• 印刷する

大和コーポ、温泉リゾートの販売窓口契約

ベトナムの温泉フジ観光サービス社(温泉フジトラベル)と大和コーポレート(大阪市中央区)は25日、ベトナム北部フート省での温泉リゾートの日本人向け販売窓口契約を締結した。26日付ダウトゥ電子版などが報じた。

温泉フジトラベルは、フート省のタイントゥイ鉱泉場で計画されている5つ星リゾート複合施設「ウィンダム・リン・タイムズ・タイントゥイ」の事業主で、完成後は米ホテル大手のウィンダムホテルグループが運営を担うことが決まっている。鉱泉の温度は37~53度で、健康に有益な各種のミネラル成分を含んでいるとされる。

大和コーポレートのベトナム子会社「大和コーポレート・リアルエステート(ハノイ・リビング)」は、今回の提携で同リゾートのホテル全2,000室のうち500室について、50年の長期使用権を取得した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

ハノイ、商業施設や衣料品販売を許可(18:26)

感染発生でも24時間後に操業可、保健省次官(18:26)

資源パビリオン、東南アで天然ガス事業拡大(14:25)

貸出金利下げ、16行で千億円 年末まで、事業の再開後押し(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

市中感染9342人増、4波累計76.1万人(09/28)

効果的な企業支援の実施へ6提案、計投相(09/28)

換気事業の売上高3割増へ、パナ25年度(09/28)

ドンナイ省、工場操業再開の暫定指針発表(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン