• 印刷する

大和コーポ、温泉リゾートの販売窓口契約

ベトナムの温泉フジ観光サービス社(温泉フジトラベル)と大和コーポレート(大阪市中央区)は25日、ベトナム北部フート省での温泉リゾートの日本人向け販売窓口契約を締結した。26日付ダウトゥ電子版などが報じた。

温泉フジトラベルは、フート省のタイントゥイ鉱泉場で計画されている5つ星リゾート複合施設「ウィンダム・リン・タイムズ・タイントゥイ」の事業主で、完成後は米ホテル大手のウィンダムホテルグループが運営を担うことが決まっている。鉱泉の温度は37~53度で、健康に有益な各種のミネラル成分を含んでいるとされる。

大和コーポレートのベトナム子会社「大和コーポレート・リアルエステート(ハノイ・リビング)」は、今回の提携で同リゾートのホテル全2,000室のうち500室について、50年の長期使用権を取得した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の蓄電システム導入へ 中南部の太陽光発電所、米が支援(10/19)

SDGs「日系に商機」の声 国別の達成度、タイは東南ア首位(10/19)

市中感染3159人増、4波累計86.2万人(10/19)

ホーチミンの感染リスクはレベル3、保健局長(10/19)

タインコン衣料、8~9月は連続赤字(10/19)

1~9月の鉄鋼輸出量41%増、欧米数倍に(10/19)

SUV商戦、10月も各社値下げ(10/19)

ベンツ代理店ハサコ、3Qは1.7億円赤字(10/19)

3Qの二輪販売36.7万台、前年同期比46%減(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン