政府が医療大麻の解禁を検討、委員会設立

ラオス政府は、医療用大麻の解禁を検討する委員会を設立した。ラオス・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 保健省は先に、がん患者の治療に大麻草や薬草由来の医薬品を用いる病院を設立することを閣議で提案。委員会はこの提案を受けて設立された。 委員会のトップはブンコーン保…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国ティーウェイ、ビエンチャン便開設へ(12/12)

HAGL、水力発電事業から撤退へ(12/12)

インフレで賃上げ求める声、国会に相次ぐ(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

国会が任命の高官、人事評価を実施(12/10)

国会が閉幕、社会経済開発計画など承認(12/10)

ラオスとの貿易総額、1~10月は9.4億ドル(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン