• 印刷する

テイクオフ:インド経済に関するデー…

インド経済に関するデータが減速を示すなか、モディ政権の閣僚の一部は、いまだにその事実を信じる準備ができていないようだ。彼らは、業界のロビー団体が政府に減税の圧力をかけるために、メディアにニュースを広めているとさえ主張しているのだ。

最近ではシタラマン財務相が、「自動車業界が減速している原因の1つは、若者が新車を買うよりもオラやウーバーを好むようになったことだ」と発言し物議を醸した。インド人の手には十分なお金があるが、嗜好(しこう)の変化のために車にはお金を費やさなくなったというのだ。一方で専門家たちは、購買力の低下が需要の鈍化を招いていると分析している。

実業家の多くは、政府と業界の間の信頼の欠如を指摘する。彼らが言うには、政府はいまだ業界のロビー団体が提出したデータに疑念を抱いているという。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:デリー首都圏に立ち並ぶ…(07/07)

ケララ州、州都で1週間の厳格な封鎖を導入(07/07)

80万のインド人、クウェートから強制出国か(07/07)

コルカタ行きの航空便、19日まで一部運休(07/07)

イランの港湾、インド貨物の積み替え開始(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン