企業景況感、楽観度は鈍化 7~9月、受注減など響く=中銀

フィリピン中央銀行が四半期ごとに実施している企業観測調査で、2019年7~9月期(第3四半期)の企業の景況感指数(CI)は37.3となり、前四半期から楽観度がやや鈍化した。受注減少に伴う売上高の減少や雨期による季節的な要因が重しになった。一方、10~12月期の見通しは、ク…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者803人に、死者は54人(03/27)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/27)

日系企業8割、事業に影響 新型コロナ、在宅勤務などで対応(03/27)

セブ州が移動制限強化、27日から(03/27)

ダバオ市が外出制限措置、4月19日まで(03/27)

新型コロナ感染者707人に、死者は45人(03/27)

国産レーダー比に初輸出へ、三菱電機(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン