安宿街を大改修へ、「聖地」カオサン通り

【バンコク共同】安宿や露店が密集し、バックパッカーの「聖地」とされるタイ首都バンコクのカオサン通りで、大規模改修工事が10月から始まることになった。より安全で清潔な場所にする目的だが、独特の混沌とした雰囲気は失われそうで、規制を強める当局に反発の声も上がる。 カ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

中国物流百世、東南ア3カ国でサービス開始(07/06)

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

短期出張者の入国、投資委の推薦条件を検討(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン