サンミゲル、新マニラ空港建設で正式契約

フィリピンの大手財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、マニラ首都圏北部のブラカン州に新国際空港を建設する計画で、運輸省と建設に関する正式契約を交わした。総事業費は約7,350億ペソ(約1兆5,200億円)で、旅客処理能力が限界を迎えている既存の国際空港との機…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者803人に、死者は54人(03/27)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/27)

日系企業8割、事業に影響 新型コロナ、在宅勤務などで対応(03/27)

セブ州が移動制限強化、27日から(03/27)

ダバオ市が外出制限措置、4月19日まで(03/27)

新型コロナ感染者707人に、死者は45人(03/27)

国産レーダー比に初輸出へ、三菱電機(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン