• 印刷する

ヤンゴン外環道計画、物流拠点の建設も視野

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府は、計画中のヤンゴン外環状道路沿いにトラック輸送の物流拠点を設置する予定だ。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが18日伝えた。

管区政府のミン・タウン計画・財務相は管区議会で、「外環状道路の完成後、道路沿いにトラック輸送の物流拠点を建設する計画がある」と述べ、「物流拠点の設置は、流通の円滑化だけでなく、雇用創出や中小企業の振興にも貢献する」との見方を示した。

ラタ2区選出のチョー・ミン・ハン議員は、「外環道沿いに物流拠点を設置し、小型車両に貨物を積み替えた上で、ヤンゴン市内外の工場などに輸送することが可能になれば、大型トラックがもたらす市内の交通渋滞を緩和できるだろう」と述べた。

ヤンゴン港に海上輸入された貨物は現在、スーレー埠頭(ふとう)または民間のコンテナターミナルの倉庫に一時保管された後、6輪、12輪または22輪の大型トラックで、ヤンゴン市内や他地域の工場などに輸送されている。

ミャンマーの2017年度(17年4月~18年3月)の鉄道による貨物輸送量は推定で52万6,100トン、河川などを利用した輸送量は同42万2,135トン、国内航空便による輸送量は同1,372トン。陸上輸送には53万3,400台のトラックやトレーラーなど、水上輸送には公営フェリー12隻、民間の船舶336隻が用いられたという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

愛知の安城電機、浄水器を販売(10/23)

国営メディアの報道に偏り、民営は多角的に(10/23)

18年度のインドとの国境貿易、2億ドルに増(10/23)

金取引の規制強化を=業界団体(10/23)

政府が有機食品指針を策定、初の認証に向け(10/23)

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(10/23)

IFC、ミャンマーの養豚業に8億ドル支援(10/23)

ヤンゴン管区、写真スポット選定で観光振興(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン