ヘイズで約1500校が休校 政府、臨時閣議で対策協議

マレーシアで、インドネシアでの野焼きや山火事によるヘイズ(煙害)の影響が拡大している。18日は複数の州で、空気汚染指数(API)が「とても不健康」となる201~300に上昇。教育省によると、午後1時時点で全国の1,484校が休校となっている。こうした中、政府は臨時閣議を開い…

関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(21日)(10/22)

イケア、ジョ州のSC開発に3億リンギ投資(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン