アショク、電動車で外資と合弁設立を検討

インドの商用車大手アショク・レイランドが、電動車関連のサービスを手掛ける合弁会社の設立を目指していることが分かった。電気自動車(EV)事業部門のトップを務めるカーティック・アトマナサン氏によると、フランスのタイヤ大手ミシュランや丸紅など、外資を含む複数社と協議…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

封鎖と支援、苦渋のコロナ対策 回復には経済再開=識者に聞く(08/14)

商用車アショク、1Qは39億ルピーの赤字(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

エアインディア、欧州の就航先を半減へ(08/14)

米産業ガス大手、石炭ガス化で百億ドル投資も(08/14)

ペトロネット、一部契約に不可抗力条項発動(08/14)

鉄鋼JSW、米国工場への設備投資を縮小(08/14)

ウルトラテック、150億ルピーの投資を計画(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン