• 印刷する

8月の車輸出20.5%減、オセアニア向け不振

タイ工業連盟(FTI)が17日発表した2019年8月の自動車輸出台数は、前年同月比20.5%減の8万1,549台だった。主要輸出先のオセアニア向けが3割落ち込むなどして、2カ月連続で減少した。

仕向け地別では、アジアが1.9%減の3万225台で最も多かった。以下はオセアニアが30.0%減の2万2,203台、中東が24.6%増の1万707台で続いた。中東を除く6地域向けが減少した。

車両と部品の輸出総額は、19.2%減の651億3,588万バーツ(約2,305億円)だった。

1~8月の輸出台数は、前年同期比4.1%減の72万3,561台。最大の輸出先のオセアニアが12.0%減の21万9,338台と落ち込み、2位のアジアは3.9%増の21万2,965台とプラスを維持している。

■二輪輸出は7カ月連続プラス

8月の二輪車の輸出台数は前年同月比18.9%増の7万6,762台で、7カ月連続プラス。バイクの車両と部品の輸出額は、26.8%増の65億1,365万バーツだった。

1~8月の二輪車の輸出台数は、前年同期比10.5%増の64万3,290台。部品を含む輸出額は18.2%増の508億2,366万バーツとなった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ政府が先週、「シビ…(07/13)

宅配アプリ、新常態に不可欠 料理注文から食材買い物代行まで(07/13)

外食セントラル、クラウドキッチンを開始(07/13)

トヨタ、5カ月ぶりに全世界生産再開へ(07/13)

ホンダ車販売のオートコープ、子会社設立(07/13)

運輸省とPTT、パイプライン建設で協力(07/13)

住宅アナンダ、プレキャスト子会社を合併(07/13)

発電GPSC、減収も再生エネ移行を前倒し(07/13)

再生エネACE、バイオマス発電3社買収へ(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン