越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」

ベトナムの騒音・難聴問題に挑む日本企業がある。「リオネット補聴器」で知られる、音テクノロジーのリオン(東京都国分寺市)だ。政府や医療機関などと協力体制を構築し、航空機騒音への対策や正確な聴力検査の導入を促す。清水健一社長は「国家を巻き込む新たなビジネスモデルを…

関連国・地域: 中国タイベトナムカンボジア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

カフェのカップ再利用普及へ 新興AYA、共有サービスに挑戦(10/22)

ブロックチェーンで越に商機 韓国企業の進出相次ぐ(10/22)

ビンファスト値上げ、割高と嘆く声(10/22)

スバル、ハノイなど3省市にディーラー店(10/22)

日野、ファイナンシャルサービス提供開始(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

シンガYCH、北部の物流施設を来年着工(10/22)

国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ(10/22)

グラブキッチン、来年ハノイやダナンでも(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン