• 印刷する

中国系のコンドやホテル、首都で年内に着工

カンボジアの首都プノンペンで、コンドミニアム(分譲マンション)やホテルなどから成る中国系の複合施設「ビュ・アストン」が年内に着工される。投資額は10億米ドル(約1,088億円)で、2022年に完工の予定だ。プノンペン・ポスト(電子版)が15日伝えた。

中国のシノ・カンボジア・インベストメントとミンダ・インターナショナル・グループの共同出資事業として実施する。プノンペン南部のチュバールアンパブ区のニロス地区に開発する。

施設はコンドミニアム(895戸)やホテル、レストラン、ジムから成り、敷地面積は4,000平方メートル。総床面積は7万8,000平方メートル。開発業者ペニンシュラ・キャピタルのデン・ワンファン最高経営責任者(CEO)は、「施設は川に近く、きれいな空気や市街地の景観を楽しめる」とコメントした。

プノンペン政府の国土管理・都市計画・建設局の担当者は「チュバールアンパブは未開発の広い敷地が残り、開発地として大きな可能性を秘めている」と指摘。地場の不動産会社、キー・リアルエステートの調査によると、1~6月のニロス地区の地価は1平方メートル当たり400~2,000米ドル以上。チュバールアンパブ1、2地区は最大3,000米ドルだった。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

JOGMEC、南部で鉱物資源の探査実施へ(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

9月までの関税収入、通年目標を6%超過(10/22)

自動車保険の加入促進へ、業界が一致協力(10/22)

野党元党首、11月9日に帰国の姿勢崩さず(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

ザガインの自然保護区、アセアン遺産公園に(10/22)

KFCとピザハット、3年で各60カ所以上(10/22)

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン