国民の生活水準向上へ、閣議で新ビジョン承認

マレーシア政府は14日に臨時閣議を開き、国民の生活水準の向上を目指す「シェアード・プロスペリティー(繁栄の共有)・ビジョン」を承認した。イノベーション(技術革新)などを通じて経済成長を促進し、2030年までに全ての国民が一定水準以上の生活を送れるようにする構想だ。15…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

高速道4本買収を閣議決定、慎重論も(14:47)

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(21日)(10/22)

イケア、ジョ州のSC開発に3億リンギ投資(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン